Culture

シマダグループのコンセプト
シマダグループから生まれたユニークなコトバ

昆虫の「いも虫が蝶」へ、「おたまじゃくしが蛙」へ変態するのと同じように事業形態を変態しながら発展するシマダグループの考え方と、
多様性を尊重するシマダの個性が表れた、「すごい!」、「なるほど」、「なにそれ?」なコトバたちをご紹介します。

Metamorphose シマダのコトバ
Metamorphose 「変態」するシマダグループの働き方 Metamorphose 「変態」するシマダグループの働き方

Metamorphose
「変態」するシマダグループの働き方

人口が減少し、人よりもモノやサービスの方が多いような社会では、
「今までのやり方」はどんどん通用しなくなります。
きっとこれからやって来るのは、企業も個人も、本質が問われる世界。
シマダグループはそんな世界で「長く、続く会社」であろうとしています。
どうすれば私たちは、長く、世の中に必要な存在であり続けることができるのか?
私たちの考えをまとめてみました。

もう、別世界じゃない。 もう、別世界じゃない。

もう、別世界じゃない。

どんな仕事も、世界を良くするためにある。あなたと世界は、思った以上につながっている。
職場に家庭を、持ち込もう。 職場に家庭を、持ち込もう。

職場に家庭を、持ち込もう。

家族参加型イベントでみんなが顔見知り。だから会社は家族を、家族はあなたの仕事を尊重する。
付加価値の大半は、気持ちでできている。 付加価値の大半は、気持ちでできている。

付加価値の大半は、気持ちでできている。

技術以上に大切なのは、相手の気持ちを想像すること。それが「いい仕事」の第一歩。
宣言。私は仕事ができません。 宣言。私は仕事ができません。

宣言。私は仕事ができません。

すぐ「無理だ」と宣言する人は仕事をしない人。仕事とは解決策を考え、実行することだ。
変化しすぎでちょうどいい。 変化しすぎでちょうどいい。

変化しすぎでちょうどいい。

ひとつの仕事しかできない人生より、複数の経験・視点を活かす人生の方が、ワクワクする。
目指すはヨーロッパ型。 目指すはヨーロッパ型。

目指すはヨーロッパ型。

目の前の利益だけに左右されず、ずっと続く会社を目指す。だから視点が、考え方が豊か。
24時間、全部が仕事で全部が遊び。 24時間、全部が仕事で全部が遊び。

24時間、全部が仕事で全部が遊び。

仕事もプライベートも、楽しいことに境界線はない。いたるところにある刺激と揺らぎを楽しもう。
まずは、ちょっとした勇気。 まずは、ちょっとした勇気。

まずは、ちょっとした勇気。

完璧主義者はいつまでもスタートを切れない。まずやってみよう。失敗したら、やり直せばいい。
社員の幸せを願うなら。 社員の幸せを願うなら。

社員の幸せを願うなら。

社員の幸せとは、様々なチャンスに満ちていること。自分の可能性に枠をもうけないこと。
ルールは、少ないほうがいい。 ルールは、少ないほうがいい。

ルールは、少ないほうがいい。

ルールは人から考える力と可能性を奪う。思いやり、考え続ける組織に、ルールはいらない。

極力ルールやマニュアルをつくらずに
お客様からずっと支持され、
働く社員やその家族が幸せになれる会社。
かなり高いハードルですが
実現のためのキーワードは「想像力」だと考えています。
目の前にいるお客さまの期待や不安。
一緒に働く仲間たちの情熱と苦悩。
日々私たちを支えてくれる家族の想い。
世の中で起きている様々なできごと。
これらに社員ひとりひとりが想像力を働かせ、
正面から向き合い、知恵を絞り、応えていこうとするなら
きっと世の中から求められる会社であり続けることができます。
シマダグループは、そうあるために
想像力ならどこにも負けない会社になります。

シマダグループから生まれたユニークなコトバ

自分の子供も入れたいと思える会社にしたい。

シマダアセットパートナーズのチームビルディング研修にて。「理想の会社とは?」を討論する場において出た一言。

今は「win win」の関係じゃないよ、「love love」な関係だよ!

「win win」の関係をも超越し、本当に目指すべき理想のカタチを説いた言葉。

生き残るのは、強いものじゃない。変化できる者だ!

毎月月初に行われる全社員が参加する朝礼にて。変化し続けることの大切さを伝える話の中で。

忙しくて仕事している暇がない!

イベントを取り仕切る幹事によくあるセリフ。皆を楽しませたいと思う気持ちから。イベントや部活動も全部本気。そして本気で楽しむ。

負けたくないんだよ!

社員旅行での部署対抗ゲームにて。遊びも全力で楽しみましょう。

自分の業務量を増やしつつ、残業はしない!

自分の業務量は増やしながら、早く帰るという矛盾する二つのことを同時に実行する。そうすることで、業務の精度が上がり自分自身の成長に繋がる。

万人受けする建物は作りません!

デベロッパー事業を行っているシマダアセットパートナーズのメンバーたちの気持ち。目標を話し合う際によく出る言葉。

自分が「I’m OK」の状態ではじめて「Are you OK ?」と言える。

自分自身の状態が良くないと、他者に対してもいい影響を与えられない。自分が良い状態を保つことが重要。

会社で行くんだから、どうせなら家や恋人と行かないところに行く。

社員研修旅行の行き先について話をするとき。いつでも誰でも行けるようなところは選択しない。

それ、楽しいと思うか?

不動産の新規案件の事業プランを提出した時、数字上は合っていたが、それだけだったとき。数字で見えない部分も判断材料の一つになっている。

明日からしばらく会社に来なくいいよ。

新入社員がよく言われる一言。宅建資格取得のため、一定期間社員を休ませ、勉強に集中させることがある。

今月はなんのイベントがあったっけ?

年間を通じて様々なイベントや部活動が存在する会社なので、毎月シフトを組む時期になると、妻から質問される言葉

PLAY WITH SHIMADA !!

job list job list

不動産、ホテル、飲食、介護、保育、旅行と多岐に亘るシマダグループの事業。
そこには多種多様な働き方が待っています。
チャレンジしてみようという、
あなたの踏み出す勇気をお待ちしています。