Interview

2018年新卒入社
Eri Tanabe
ホテル事業 フロントスタッフ

新入社員としてシマダグループへ入社。3か月の研修を経て配属されたのはHOTEL&RESIDENCE六本木。マレーシアでの留学経験を活かし、ホテルの顔となるフロント&コンシェルジュとして、世界各国のお客様をお迎えしています。

多事業展開をしている強み

一緒に働くみなさんは国籍も様々で個性も豊か、先輩や上司は尊敬する人ばかり。社員同士の仲の良さや仕事に対する思いなど、入社前に先輩社員にお会いした頃から魅力的に感じる部分が多くありました。チームとして一緒に働く今では、日々学びや刺激を受けています。入社を決めた理由は、自分の強みである「英語」を活かすことができることと、多事業展開をしている点。多事業展開をしていることで、一つのことにとらわれず、自分自身の成長の可能性を広げられると思ったからです。シマダグループは事業間の垣根が全くありません。他の事業部の社員と一緒に仕事をしたり、社内イベントの幹事をしたり、社員旅行や部活旅行に行くこともあります。働きながらも自分の仕事以外のことも学べる環境があることは、とても刺激的です。

Shimada Work Style を体現する社員たち彼ら、彼女らの生声をお届けします

全ては、お客様に最高のおもてなしを提供するため

現在は、HOTEL&RESIDENCE六本木でフロント業務を担当し、訪れたお客様の思い出作りをお手伝いしています。ホテルの顔としてチェックインやチェックアウト業務をしたり、コンシェルジュとしてホテル周辺のレストラン予約やおすすめの観光地案内をしたりと、お客様によってお手伝いする内容は様々。また、半分以上のお客様が海外の方なので、英語能力は必須です。楽しくコミュニケーションを取りながらもお客様のニーズを探り、その方に合わせたおもてなしをするため、判断能力や臨機応変な対応も非常に重要です。最高のサービス提供のためには、教養や知識が欠かせませんので、日々の勉強も大切にしています。

Shimada Work Style を体現する社員たち彼ら、彼女らの生声をお届けします

必死に勉強をした英語漬けの毎日inマレーシア

「英語を通して、世界中に友達を作る!」という強い思いから、学生時代は英語力を向上させることに力を入れました。そのため、約1年半の間マレーシアの大学へ通い、必死に勉強。初めのうちは失敗を恐れるあまり、なかなか自分から話すことができませんでしたが、いつの間にか自然とコミュニケーションも取れ、楽しいと思えるようになりました。この留学で語学力が向上したのはもちろんのこと、世界各国に友人もでき、今でも交流をしています。日本に帰国してからは留学経験を活かし、留学を不安に思っている学生に向けた大学での講演会にも参加。さらに、この経験を仕事でも活かしたいと考え、「英語を使用する接客業」を軸に就職先を探しました。

Shimada Work Style を体現する社員たち彼ら、彼女らの生声をお届けします

新しいフィールドでのチャレンジ!

最近はHOTEL&RESIDENCE六本木だけではなく、2018年夏に開業した「bar hotel箱根香山」でもフロントとして勤務する機会を頂いています。面白いことに、新しいチャレンジをする機会が日常的にあるため、自分の知識の幅や経験が自然と広がっていくのを感じています。多くの接客業の中でも、お客様の「一生の思い出作り」のお手伝いをすることができるのは、ホテル業の大きなやりがでもあり楽しいところです。私たちと一緒に笑顔でお客様と寄り添える方、是非お待ちしております!

Shimada Work Style を体現する社員たち彼ら、彼女らの生声をお届けします

田辺 英里の1日の流れ Shimada Work Style を体現する社員たち彼ら、彼女らの生声をお届けします Shimada Work Style を体現する社員たち彼ら、彼女らの生声をお届けします

PLAY WITH SHIMADA !!

job list job list

不動産、ホテル、飲食、介護、保育、旅行と多岐に亘るシマダグループの事業。
そこには多種多様な働き方が待っています。
チャレンジしてみようという、
あなたの踏み出す勇気をお待ちしています。