Interview

2015年入社
Takashi Tsuchiya
介護事業 介護福祉士

福祉系の大学を卒業後、大手介護事業会社へ就職。約5年間、介護現場での実務経験を積み、スキルアップのため転職。現在は生活相談員として、介護付き有料老人ホームでの見学やご入居案内、契約業務を行っています。

部署を越え、社員同士の仲がいい

前職では主に、介護の現場に勤務しておりました。介護施設の管理業務や運営などを早く学びたく、転職を決意しました。入社してまず驚いたことは、部署を越えて社員同士の仲が良いことです。シマダグループはお花見やBBQなどの社内イベントがたくさんあります。久々に会った他部署の社員から「元気だった?」と気さくに声をかけていただけることが、とても嬉しいです。また、イベントを通し様々な世代の方と意見交換ができるのも、当グループの強みかと思います。そのこともあり、社内結婚ができました!(笑)

Shimada Work Style を体現する社員たち彼ら、彼女らの生声をお届けします

“謙虚さ”を大切に

生活相談員として介護付き有料老人ホームで勤務する今は、見学・契約対応・入居案内、入居者様やご家族の方からいただいた生活にまつわる相談事の対応をメインとして行っています。もちろん、入居者様の日頃の様子を把握しておくことも重要ですので、現場業務にも入ります。当社の介護現場では年齢・性別・経験が様々なスタッフさんが多く活躍しています。「管理者だから」とか「社員だから」と区別するのではなく、謙虚さを大切に業務に取り組んでいます。入居者様はもちろん、一緒に働くメンバーにも耳を傾け、細かいニーズや悩みを聞き取り解消していくことが、施設運営を円滑に進める鍵となります。

Shimada Work Style を体現する社員たち彼ら、彼女らの生声をお届けします

会社選びで重要視したこと

中学時代から「将来は介護の仕事に就きたい」と漠然と考えていました。ユニセフなどのボランティア活動に積極的に参加し、高校はボランティアに力を入れている学校へ進学、その後は福祉系の大学へ進路を決めました。早くに祖父母を亡くしていることもあり、「介護」に対しては熱い想いをもっています。そのため、就職活動では介護業界に絞り、「入居者様をどのように考え、どんな介護を行っているか」入居者様の目線に立った入居者様主義の介護を実践している会社を選び、活動を行っていました。

Shimada Work Style を体現する社員たち彼ら、彼女らの生声をお届けします

誠心誠意を持って接すること

介護業界は現在、成長産業であると同時に人手不足の業界でもあります。世界で例が無い「超高齢化社会」と言われる国で、「自分が日本の介護を守る!引っ張る!」という熱い想いの皆さんと一緒にお仕事がしたいです。人と接する仕事ですので、入居者様やそのご家族から、たくさんの感謝の言葉、時には厳しい言葉もいただくことがあります。また、「命とは何か」を深く考えさせられる時もありますが、その分尊い仕事でもあります。だからこそ、相手を敬い、誠心誠意を持って接することでその思いは必ず伝わりますし、その積み重ねがやがて環境を変えていけると信じています。自分の両親や自分自身が年を重ねたときに、伸び伸びと暮らせる環境づくりに繋がる仕事です。そんな心意気で頑張ってくださる皆さんにお会い出来たら嬉しいです!

Shimada Work Style を体現する社員たち彼ら、彼女らの生声をお届けします

土屋 貴史の1日の流れ Shimada Work Style を体現する社員たち彼ら、彼女らの生声をお届けします Shimada Work Style を体現する社員たち彼ら、彼女らの生声をお届けします

PLAY WITH SHIMADA !!

job list job list

不動産、ホテル、飲食、介護、保育、旅行と多岐に亘るシマダグループの事業。
そこには多種多様な働き方が待っています。
チャレンジしてみようという、
あなたの踏み出す勇気をお待ちしています。